2020年2月23日日曜日

リライトのビフォー&アフター!やり方を実際の原稿をもとに説明してみる

私はリライト用記事の販売や、記事作成サービスを出品しています。

リライトというと、よくないイメージを持っている人もいますが、ネットにこれだけの情報があふれる現在、ほとんどのコンテンツはいってみれば「リライト」です。

誰かが書いたものを、構成し直して自分の言葉で書き換え、より分かりやすく読みやすい文章に仕上げる、ときには切り口を変えてユーザーに役立つ記事に造り直す、これを「リライト」といいます。



具体的なリライトの方法は、以前このブログ内でも説明しているので、方法を知りたい方はそちらの記事を参照してみてください。

≫リライトの方法について―初心者でもわかる!


リライトのビフォー&アフターをお見せします



今日は、リライトをすると具体的にどんなふうに文章が変化するのかを、お見せしてみようと思います。

リライトをする記事はこちら。私が書いたリライトに関する文章です。(太文字が見出しで、それ以外が記事本文です)

リライトって要するに「書き直し」
簡単に言ってしまうとそういうことになります。リライトはrewriteで書き直すこと。元あった原稿を、あらためて書き直すことを意味しています。基本的には、元の原稿と意味を変えず、でも見た目にはあたかも別文章に見えるように作り返ることを指します。
リライトにもピンキリあります
ネット上に情報がたくさんあふれるようになってから、リライトにリライトを重ねてブログやサイトを作る人達が増えました。中には、かなり雑なリライトもあって、ほとんどコピペに近いものまで...コピペはダメですよね。あっという間に著作権違反で訴えられてしまうでしょう。私が行っているリライトは、そういう陳腐なものではなく、ちゃんとした高品質なリライトです(自分でいうのもなんですが)。

リライトバージョン1「一般的なリライト」


これは上で紹介した私のブログ記事の一部抜粋ですが、これをリライトしてみたいと思います。リライトの基本は、その文章の大意を変えずに書き直し、オリジナルの文章のように見せることです。

いろいろなスタイルに書き直すことができますが、まずは第一バージョン。

そもそも「リライト」って?リライトとは、要するに元の文章を新たに書き直すことです。原則として、原本の内容や意味を変えることなく、見た目的にはオリジナルの別記事になるようにします。元の内容といっていることは同じであるにもかかわらず、まるで別人が書いたように文章を再構築する作業のことを指しています。
ハイクオリティなリライトを目指そう!リライトという言葉にネガティブな印象を持っている人も多いと思いますが、大雑把に言うとインターネット上にあふれるコンテンツはほとんどがリライトによるものです。他サイトの情報を参考にして、オリジナルに見えるように加工するわけです。中には、ほぼコピーに近いものもありますが、こういった低品質なリライトは「無断転載」と受け取られると著作権にも触れる行為になってしまいます。私が行っているリライトのお仕事は、そういった低品質なリライトではなく、高度なリライトなので、安心してください。

リライトバージョン2「カジュアルなリライト」


次にバージョン2として、かなりカジュアルなリライトをしてみましょう。

イメージとして、アメブロなどの比較的若い女性が書くようなブログに掲載する文章の雰囲気で作ってみました。


リライトって?リライトっていわれてもピンとこないかも。でも、実はカンタン!要するに、元の文章を書き直すことなわけ。それで、まるで別の人が書いたみたいな文章にしちゃうのです。難しそうに聞こえるかなぁ( ^ω^)・・・。でも、実際にやってみると、そんなに難しくないんだよ。ただし、もとの文章の意味をかえちゃいけないんだけどね。
いろんなスタイルがある!ひとことにリライトといっても、いろんなやり方があるみたい。っていうか、ネットのコンテンツって、ぶっちゃけほぼほぼリライトっていってもいいんじゃないかな。だって、これだけたくさんのサイトがあるわけで、リライト無しにできないよーって感じ。中には、それってリライトというよりコピペだよね?といいたくなるようなもの・・・(;'∀')。うーん、コピペは危険だからやめた方がいいと思うな。私もリライトするけど、もちろん、ちゃんとしたリライトです。その辺のコピペまがいじゃないからね☆

実際にアメブロなどのブログサービスに投稿する場合は、行間を空けて、文字色を変えたりすると、本格的になりますよね。

では、次に男性っぽい書き方をしてみようと思います。


リライトバージョン3「固めの文章」


男性っぽいというと語弊があるかもしれませんが、やや硬めの文章で、書き手の性別が感じられないようにリライトしてみます。

リライトとはリライトとは「REWRITE」であり、要するに「書き直し」のことである。もととなる文章を書き直しあたかも別の文章であるかのように見せることだ。見た目には元記事と別物に見えるが、書かれている内容は同じであることが原則となる。
リライトの品質批判的に扱われることも多いリライトだか、実のところネット上の情報はほとんどがリライトに拠るものである。これだけの情報が溢れかえっているのだからそれも致し方ないだろう。リライトにも高度なものもあれば、低品質なものもあり、コピペとほとんど変わらないものまである。しかしコピペは著作権に抵触する恐れがあるためあまりおすすめしない。私が行うリライトはそういった陳腐なものではなく、元原稿とは似ても似つかぬような高品質のリライトを目指している。





0 件のコメント:

コメントを投稿