2020年2月22日土曜日

ワードプレスの投稿作業代行します

副業としてワードプレスブログの運営をはじめてみたものの、意外と作業に時間がかかって、ブログ構築が遅々として進まないという悩みを抱えている人向けのサービスです。

ワードプレスブログに掲載するための記事作成は、外注ライターさんにお願いして執筆してもらうことは難しくありません。

でも、記事はできたものの、ワードプレスに投稿するのに時間がかかる、なんてことはよくあることです。特にワードプレスを使い始めた方なら、なおさらでしょう。

そこで、ワードプレスへの投稿作業代行サービスを出品してみました。

とはいえ、ワードプレスへの投稿作業を代行してもらうとしても、ワードプレスでどんな設定をすればいいかわからないという人もいると思うので、そのやり方について説明します。



ワードプレスで他人に投稿作業をやってもらうには




ワードプレスにはすぐれた機能がたくさん備わっていますが、使いこなすにはそれを一つ一つ学習していかなくてはいけません。

ワードプレスの素晴らしい点に、複数のユーザーでブログ(サイト)運営を行えるという機能があります。記事の投稿や公開など、それぞれのユーザーに限定された権限を与えて、共同でブログ運営を行うことができるのです。

そのためには、コンテンツの投稿や編集をやってもらう人をユーザーとして登録しなくてはいけません。ユーザー登録なんてむずかしそう、と思うかもしれませんが、やってみるととても簡単ですので、この記事を参考に挑戦してみてください。

ワードプレスにユーザーを追加する


私は、ココナラで「ワードプレスへの投稿作業代行」サービスを出品しています。もし、これを今お読みになっている方が、私にこのサービスを購入されるとしたら、私(リライト専科)を運営しているワードプレスサイト(ブログ)にユーザーとして追加する必要があります。

ワードプレスで、ユーザーを追加するためには、管理画面のメニューから「ユーザー」>「新規追加」を選択してください。


すると、以下のような画像に切り替わります。


ここで、ユーザー名とそのユーザーのメールアドレスを入力します。この二つの項目は必須なので、必ず追加したいユーザーのメールアドレスを聞いておきましょう。

上の画像で表示されているメールアドレスは、私のメールアドレスになります。ですので、私が出品している「ワードプレス投稿作業代行」サービスを購入された方は、上の画像に表示されている私のメールアドレスをお手持ちのワードプレスに記載してください。

その他の項目(「名」とか「姓」など)は記入してもしなくてもかまいません。

その下にある「ユーザーに通知を送信」という個所は、チェックを入れておきます。

その下の「権限グループ」では、そのユーザーに与える権限を指定します。ワードプレスで使えるユーザーの権限には、5種類ありますが、ワードプレスの投稿作業を依頼するだけであれば「投稿者」ステータスでよいと思います。

ちなみに、5つの権限の違いについても記載しておきます。

  • 管理者…ワードプレスのカスタマイズや設定、すべての機能を使用できます。
  • 編集者…コンテンツの投稿、編集、公開、削除、さらにほかのユーザーが投稿した記事の編集や公開もできます。
  • 投稿者…自分の投稿に限り、編集、公開、削除などができます。
  • 寄稿者…コンテンツを投稿することはできますが、「レビュー待ちとして保存」までしかできず、公開する権限はありません。
  • 購読者…コンテンツの閲覧とコメントの投稿のみが可能です。

必要事項の記載が完了したら、一番下の「新規ユーザーの追加」ボタンをクリックします。そうすると以下のように、ユーザー一覧の画面が表示されます。



これで、新しいユーザーの追加が完了しました。ちなみに、ユーザーの権限は後で変更することもできますし、ユーザーアカウントを削除することも可能です。


新規登録されたユーザーにログインしてもらう


以上の方法でユーザーを追加すると、登録したユーザーのメールアドレスにワードプレスからメールが届きます。そこには、ワードプレスへのログインURLとパスワード変更のためのURLが表示されているはずです。


上のような感じのメールが届くはずですので、パスワードを自身で設定してもらって、ログインしてもらってください。

また、このメールに記載されているユーザー名は、ワードプレスにログインするたびに必要となります。設定したパスワードとこのユーザー名がないとログインできなくなるので、その旨ユーザーさんに伝えておきましょう。

ワードプレスの投稿を外注する場合は「レビュー待ちとして保存」に


ワードプレスでの投稿作業を手伝ってもらえると、かなり作業時間を短縮できます。でも、コンテンツを勝手に公開してもらっては、ちょっと不都合もありますよね。

そのための機能が「レビュー待ちとして保存する」です。

ワードプレスでは、投稿する際に「公開」ではなく、管理者や編集者に確認してもらってから公開できるように「レビュー待ちとして保存」することができます。

ワードプレス投稿業を外注さんに頼む場合は、できあがった記事を「公開」してもらうのではなく「レビュー記事として保存」してもらうようにしましょう。

外注さんにレビュー待ちとして保存してもらう方法は、以下の記事が参考になると思います。

≫ウェブライターのためのワードプレス入門ーログインから記事の投稿と納品までの基本的な使い方


ワードプレスの投稿作業代行はココナラから


ワードプレスの投稿作業代行は、ココナラで出品しています。最近開始したサービスですので、この記事投稿時点では「お試し価格」として出品しています。

今後、もしたくさんの依頼をいただくことになれば、値上げする可能性もありますので、興味のある方はお早めにご利用ください。


追記:

以前ココナラで出品していたこのサービスですが、現在は休止しています。

私のスケジュールによってはお受けできることもありますので、ココナラのダイレクトメッセージ、あるいは、本ブログのお問い合わせよりご連絡ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿

お知らせ

アフィbさんで記事販売はじめました!

 ココナラでライティングのお仕事やリライト用記事の販売を行っています。 今回は、大手ASPの一つ、アフィbさんでも記事販売をはじめることにしました!