2020年2月12日水曜日

リライトの方法について―初心者でもわかる!

リライトを専門にやっているライターということで、お仕事を受け付けております。

でも、そもそも「リライト」ってなぁに? という方もいると思います。そこで、リライトとはどういうモノなのか、具体的にどんな方法で行っているのかについて、お話ししておきましょう。



リライトって要するに「書き直し」


まあ、簡単に言ってしまうとそういうことになります。リライトはrewriteで書き直すこと。
元あった原稿を、あらためて書き直すことを意味しています。

基本的には、元の原稿と意味を変えず、でも見た目にはあたかも別文章に見えるように作り返ることを指します。


リライトにもピンキリあります

ネット上に情報がたくさんあふれるようになってから、リライトにリライトを重ねてブログやサイトを作る人達が増えました。
中には、かなり雑なリライトもあって、ほとんどコピペに近いものまで...

コピペはダメですよね。
あっという間に著作権違反で訴えられてしまうでしょう。

私が行っているリライトは、そういう陳腐なものではなく、ちゃんとした高品質なリライトです(自分でいうのもなんですが)。


二種類のリライト

私はこれまでたくさんリライトしてきましたが、大きく分けて二種類のリライトがあると思っています。

一つは、元原稿として一つの記事をベースにリライトを行うモノ。原本の意味を変えることなく、見た目には別人が書いたような文章に仕上げます。

元の原稿をいかに作り替えオリジナルな文章に見せることができるかが、ライターの腕の見せ所ということになります。

もう一つのリライトは、一つの原稿だけを参照するのではなく、複数の文章をもとに、それらの内容を組み合わせて記事構成し、(あるいは別の切り口から)オリジナル記事を作成するというものです。

キュレーションサイトが流行っていた時期には、この手のリライトがネット上のほとんどのサイトを占めていました。


リライトの方法


ここからは、具体的なリライトの方法について説明します。

まず、もと原稿が与えられていない場合は、自分で元ネタを探すところから始まります。コピペでなくオリジナルの記事を作成する場合は、元となるソースは1記事だけでなく複数の記事を参照するのが基本です。

記事構成を作る

元となる資料記事が見つかったら、自分が作成する記事の構成を練ります。
元の原稿と別モノのように見せるためには、記事構成を大きく作り替えるのが効果的です。

ときには、元原稿の結論部分をいきなり冒頭にもってくるといった大胆な書き換えも効果的です。

単語・文章を作り変える

リライトは、単語を言い換えたり文末表現を変更するだけの簡単なものだと考えている人もいますが、それはかなり低品質なリライトにしかなりません。

単語を類義語に置き換えるのはもちろん、文章そのもの、あるいは段落ごと書き換えていきましょう。
一つの文を複数の文に分解したり、複数の文を合わせて一つの文に作り変えたりします。
そうすることで、元原稿とは似ても似つかないオリジナル記事ができあがります。

足らない情報や要素を付け加える

もし、書いている内容に自分の知識を付け加えることができるなら、情報を追加していきます。そうすることで、どんどんコピペ率が下がります。

リライトしていて、「これでは読者は理解できないだろう」と思われる箇所は、自分でリサーチして補足します。

最後に見直してコピペチェック

記事を書き上げたら見直しして、誤字脱字がないかチェックします。
そして、必ずコピペチェックを行いましょう。

コピペチェックツールは無料でも十分使えるものがオンラインに公開されています。
コピペ率は低ければ低い方がよいですが、ジャンルや内容によっては限界がある場合もあります。

自分の納得できるコピペ率になればそれでOKとしましょう。


元原稿よりも優れた文章にする


基本的には、元の原稿よりも質の高い記事を目指してリライトを行います。
元の記事で読みにくい箇所は分かりやすくなるように書き直し、足らない情報は書き足したりします。

ブログやサイトに使用する記事であれば、読者にとって役に立つ情報を盛り込んだうえで、SEO対策にも優位になるようにリライトしたいものです。

また、くれぐれもコピペは絶対に行わないように。
コピペは、自分のサイトやブログが低く評価されるだけでなく、下手をすると著作権違反に問われることもあります。

リライトはコピペではありません。
ていねいに書き直し、より優れた文章に作り変える作業なのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

お知らせ

アフィbさんで記事販売はじめました!

 ココナラでライティングのお仕事やリライト用記事の販売を行っています。 今回は、大手ASPの一つ、アフィbさんでも記事販売をはじめることにしました!